アイボス名刺
 
イラストレーター入稿される場合

アイボス名刺のデーター入稿について

アイボス名刺は、イラストレーターのような専用のソフトがなくても画面で簡単に名刺が作れるのが大きな特長です。
 
しかし、すでにイラストレーターのデーターをお持ちの場合はそのまま入稿することも可能です。
アップロードされたデーターは、他の名刺と同様に保存され、2回目以降はカートに入れるだけで簡単に注文できます。

データの仕様について

データ入稿される際は、以下の項目をよくお読みになり、ご理解いただいたうえでご利用ください。

ファイル形式について

ai、epsの2種類に対応しています。

フォントについて

フォント(文字)については、必ずアウトライン化してください。アウトラインされていないと文字が化けてしまいます。

断ち落としについて

用紙の端まで色が付いている状態を断ち落としといいます。
このようなデザインをご希望の場合には、名刺の縁(輪郭)より3ミリ程度はみ出させてデータを作ってください。
名刺の縁(輪郭)ギリギリに配置されたデザインの場合は、裁断の工程で余白が出来てしまったり、欠けてしまう可能性があります。

トンボについて

名刺の縁(輪郭)を示す印をトンボといいます。
トンボがなければ、どこからどこまでを印刷すればいいのか分かりません。
また、トンボよりはみ出さないようにデザインを行ってください。
どうしてもはみ出る場合には、トンボをその位置のまま、コンテンツよりさらに大きくなるよう拡大して、名刺の中央とデータの中央が一致するようにしてください。
⇒トンボの付け方(イラストレータの場合)
・名刺の輪郭となる四角を線で描きます(91×55ミリ)
・四角には、線も塗りも設定しません。
・四角を選択した状態で、メニューのフィルタ→クリエイト→トリムマークを選択します。
(ご注意:メニューのオブジェクト→トンボは印刷用には使えません)

画像について

画像データは「リンク」のままではご利用いただけません。
必ずデータファイルに埋め込んでください。
⇒保存時に「画像を含んで保存する」を選択します。

ファイルサイズについて

およそ8Mbyteをめどにしてください。
それ以上大きくなる場合には、画像データの状態をご確認ください。
極端に大きな画像データをご用意いただきましても、印刷のクオリティが向上するわけではありません。
300dpi程度の低圧縮もしくは無圧縮の画像データで充分きれいに仕上がります。
イラストレータのデータでご入稿される際には、ある程度の印刷の知識がどうしても必要となってきます。
上記の説明の中でご理解いただけない内容のある場合は、入稿をお控えくださいますようお願いします。
基本的に当社ではデータ修正を承っておりません。
 

上記の項目に適合しないデータを入稿された場合や、データ作成上に何か問題があった場合は、メールにてその旨をご通知いたします。
その際、データの修正をお願いする場合や、やむをえずご入稿をお断りする場合もございます。
そのために納期遅れ等の支障が発生いたしましても、当社はその責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。