名刺作りのツボ教えます

名刺作りのツボ教えます

キャンペーンで名刺配布

名刺の専門家を名乗っている以上、名刺に関するニュースにはなるたけ目を通すようにしています。

最近やたら多いのが、地方の町おこしなどで、観光大使に任命された有名人が、記念の名刺を配るというもの。
まぁ確かに、有名人から名刺をもらえたら、嬉しくなるのはわかります。思わずフェイスブックにアップしたり、ツイッターでつぶやいてしまうでしょう。
わたくしも藤原紀香様にお名刺頂戴したら、舞い上がってしまいます。

しかし、こういった企画の熱しやすく冷めやすいことは、あなたにも覚えがあるはずです。
そのときはマックスハイテンションになりますが、次の日にでもなってしまえば、興奮は半分になり、次の日にはまた半分、、、
結局その名刺、どこかにしまって終わりだと思います。

これはもったいないです。

以前ご紹介した、「お店の常連さんにドンとお店の名刺を100枚プレゼントしてしまう方法」を覚えておいででしょうか。
「スペシャル宴会部長」などのテキトーでおもしろい肩書きをプレゼントして、それを名前とともに刷り込んだ名刺をあげちゃうというものです。
元々お店のことが大好きで通ってくれている方ですから、こんなものもらったら喜んで配ってくれると思いませんか?

ただ名前が書いてあるだけの有名人の名刺よりも、この「普通の人」の名刺のほうが、実は何百倍も効果があります。
だって、お店のことを語りながら配ってくれるから。
しかも、渡す相手はこの常連さんのお友達です。

ここで問題ですが、何か情報を知りたい時に、知人からの情報と、知らない人からの情報、どっちを信じますか?
当然、知り合いからの情報ですよね。
これが、この名刺プレゼント作戦のキモで、「彼が言うくらいだから本当にいい店なんだろう。」「彼女がススメるくらいだからすごく美味しいお店に違いない!」となるわけです。

かかる経費は、アイボス名刺で作れば非常に安いですよね。しかも注文したらすぐに届きます。
下手にチラシを数万枚配るよりも、コストもかからない上にクチコミ効果も高い名刺プレゼント、試さない手はありませんよ。


高木芳紀
名刺アドバイザー(日本名刺協会理事)。著書は「1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方」「営業いらずのソーシャルメディア人脈術」など。名刺をはじめ、ソーシャルメディアを活用したセルフブランディング・小さな会社の販促力アップで全国から講演依頼が絶えない。

高木芳紀
(たかぎよしのり)

←名刺の採点受け付けます  →手書きを組み合わせよう
名刺作りのツボ トップへ