名刺作りのツボ教えます

名刺作りのツボ教えます

ママ名刺

先日、朝日新聞さんに名刺について取材を受けました。どんな内容か?

「ママ名刺」についてです。

実は、わたくしのブログへの検索キーワードで、いつも上位にあるのがこの言葉。
「ママ名刺」もしくは「ママ友名刺」です。

保育園や幼稚園に入園するとき、デビューするのはお子さんだけじゃないんですよね。
ママもドキドキしながら新しい世界にデビューされるわけです。

ボスキャラみたいなママがいていびられないか?とか、
人見知りなので友達できるかな?なーんて考えながらその世界に飛び込んで行かれるわけですが、そんなときに自分のことをサッと伝えられる名刺があれば、非常に便利。
早めに気の合う仲間と知り合うために、役に立つと思います。

それでは、よいママ名刺の条件とは何か?盛り込むべき要素、また逆に入れないほうがいい要素を書き出してみましょう。

・お子さんの名前もいっしょに載せること。
要は、保育園幼稚園などでは、「●●ちゃんママ」で呼び合うことが多いですから、お子さんの名前をのっけておかないと、わかりにくかったりするわけです。

・必ずしも住所は載せなくていい。(載せないほうが多いのかも)
ネット時代です。初対面の人には住所は明かさない人、増えているような気がします。ママ友も同じ傾向にあるようです。とりあえずはケータイの電話番号とメアドがわかればコミュニケーション取れますからね。
まぁ、仲良くなったら、自然に「うちに遊びに来ない?」ってなるんでしょうから、最初はなくてもよさそうです。

・ケータイ番号やメアドはQRコードでピッ!
赤外線での交換もできますが、お子さんを抱っこしながらというのが案外できなかったり。なので帰ってから一発でアクセスしていただくのに、QRコードは便利です。「QRコード 作成」と検索すると、ウェブ上で生成してくれるサイトがでてきます。
・イヤミにならない程度の「趣味」や「好きなこと」
つまり相手との共通点がないか探るんですね。趣味がパッチワークとか、シフォンケーキが好きだとか、そういう「自分のキーワード」を書いてみる。いきなり共通の趣味を持つ、かけがえのない友人に出会えるかもしれません。
でも、自慢ととらえられちゃうようなことは、最初ですので避けておきましょう。自分の仕事や、旦那さんの仕事などを書くのは、やっかみを生む可能性がありますので、最初は控えたほうがよいでしょう。

・出身地
これも同じですね。地縁というのは非常に強力で、出身地が同じというのはすごく盛り上がる話題です。

・顔写真
お子さんといっしょに撮った写真をのせておくと、完璧ですね。しっかり覚えてもらえると思います。
以前から申し上げておりますが、顔写真に抵抗がある場合は、モノクロとかセピアにするといいです。美人度が三割増しになりますよ奥さん!(笑)


高木芳紀
名刺アドバイザー(日本名刺協会理事)。著書は「1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方」「営業いらずのソーシャルメディア人脈術」など。名刺をはじめ、ソーシャルメディアを活用したセルフブランディング・小さな会社の販促力アップで全国から講演依頼が絶えない。

高木芳紀
(たかぎよしのり)

←名刺の重要性を再認識  →ママ名刺その2
名刺作りのツボ トップへ